日本語教師を目指すなら

  • 日本語教師を養成する学校

    • 日本語教師の養成を行っている学校で勉強すると、日本語を学びたい外国人に日本語を教える教師になることができます。


      日本企業では優秀な外国人を積極的に採用していることもあり、外国人に日本語を教える教師の需要は非常に高まっています。


      日本語教師の養成をしている学校では文化庁が公示する420時間日本語教員養成研修を行っており、この研修を受けると法務省告示校の日本語教師になることができます。

      今よりも日本語教師の養成について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

      法務省告示校の教師になると、法務省告示校の認定を受けている学校で外国人留学生に日本語を教えることが可能になり、教師として活躍できる機会が広がります。



      420時間日本語教員養成研修は約6ヶ月間で修了しますので、わずか半年で日本語教師になることができます。授業料は学校によって違いがありますが50万円から60万円程度ですので、それほど高額ではありません。
      行政に申請すると教育訓練給付金を受け取れる場合もありますので、授業料の一部を国が負担してくれます。
      また、国の教育ローンを利用することもでき、分割で授業料を払うことも可能です。

      日本語教師を養成している学校は演習と実習を中心とした授業を行っており、卒業後は即戦力で活躍することができます。
      勉強を教えるだけでなく就職活動のサポートも行っており、卒業後は法務省告示校などで教員として働けます。

      就職先は日本国内だけでなく世界中にありますので、海外で日本語の教師として働くことも可能です。



top