日本語教師を目指すなら

  • 遠いように見える近道!日本語教師になるためには

    • 日本を訪れる外国人環境客の数は年々右肩上がりに増えていますが、その中にはすっかり日本が気に入って、改めて日本語を勉強するために日本に留学するという外国人もいます。

      しかし、日本語はひらがなだけではなくカタカナや漢字を文字として使用する決して易しい言語とは言い難いものでもあります。

      今までに培ったノウハウを活かし、日本語教師情報はこのサイトにおまかせ下さい。

      そんな日本語や日本の文化を外国人に教えるのが日本語教師の仕事ですが、日本語を教えるのだからと言って、日本人なら誰でもできるという訳ではありません。

      日本語教師になるには、大学で日本語教育を専攻し修了した人か、日本語教育能力試験に合格した人、もしくは420時間の講座を修了した人という3つの中のひとつが要求されます。


      日本語教師になるためのこの3つの方法の中では、420時間の養成講座を受講することが1番の近道と言うことができるでしょう。



      420時間というと一見膨大な時間のように思われますが、社会人になってしまっていたら大学に入学し直すのは現実的ではないし、能力試験にだって1回で受かるとは限りません。

      その点420時間の養成講座ならば、入学の資格は特に設けられていないうえに、自分の都合に合わせて授業のスケジュ−ルを組むことが可能です。

      集中して講義を受ければ早ければ3カ月から6カ月、仕事をしながらならば1年から1年半で受講期間を終えることができるでしょう。


      学校によっては養成講座の修了後に就職先のサポ−トをしてくれるところもあります。

      これからも増え続けるであろう外国人に日本語を教えてみたいという人にとっては420時間は決して遠すぎる道ではありません。



top