日本語教師を目指すなら

  • 養成講座を受講して日本語教師を目指す

    • 日本語教師は、日本語を母国としない外国人に日本語を教える職業として今注目を集めています。
      最近では日本語学習者の数も増えてきて、いたるところで日本語教師の求人を見る機会も多くなってきました。

      とくに海外では、ネイティブの日本語講師が圧倒的に不足しているといわれています。
      日本語教師になるための必須の資格というものがありませんが、当然ながら日本語を話せるというだけで簡単に教師になれるわけではありません。

      日本語教師の養成情報探しのヒントをお教え致します。

      ですので、専門の検定試験に合格するか、養成講座を受講して日本語を教えるスキルがあることを証明する必要があります。ボランティアではなく仕事として日本語を教える場合には、「日本語教育能力検定試験」に合格しているか、「日本語教師養成講座420時間」を修了しているかが、求人のさいの判断材料になることが多いようです。



      全体的に見ると日本語教育能力検定試験に合格するより、養成講座を受講して日本語講師の道を歩む人のほうが割合的にみて多いです。
      日本語教師は、さまざまな文化をもつさまざまな外国人とコミュニケーションをとりながら、日本語を教える必要があるので、懐が深く柔軟性があることが求められます。



      また、滑舌がよいことも重要なポイントになります。


      やはり発音を正確に伝えなければならないので、明瞭に日本語を話せる必要があります。


      なかなか大変な仕事ですが、それだけに達成感も大きいでしょう。


      日本語が好きでグローバルな世界に興味がある人であれば、やりがいを感じられる仕事だといえます。

top